『逆転裁判456 王泥喜セレクション』ついに発売!『逆転裁判4』の評価が気になってる人へ、したり顔でアドヴァイス

法廷バトルアドベンチャーという新ジャンルを築き上げた『逆転裁判』シリーズの『4』『5』『6』がついに『逆転裁判456 王泥喜セレクション』として発売されることになりました。

先に『逆転裁判123 成歩堂セレクション』は3DSからリリースされ、HDリマスター版が現行機に移植までされて、『4』以降のナンバリングはスルーされてるようで切なかったのですが、ようやくまとめられたことになります。長かった!

そこで、興味はあるけど『逆転裁判4』が “イマイチ” という評価を耳にしたことがある人に向けて、

実際どんなもんなのか?ということについて今回は投稿したいと思います。

Ads

『逆転裁判4』とは

前作まで主人公だった成歩堂龍一から、王泥喜法介(おどろき ほうすけ)に主役を交代して始まった新シリーズで、尋問中に新たな証言を引き出す「みぬく」というギミックや「裁判員制度」など新しい要素が色々と導入されました。

今作でもひとめ見たら忘れない個性的なキャラクターも大勢登場し、そのなかに前作まで主人公だった成歩堂龍一も含まれるのですが、第1話の初っぱなから王泥喜法介の前に変わり果てた姿で現れます。

『逆転裁判123』と『逆転裁判4』の成歩堂龍一の違い
これが、こう!

ストーリーは成歩堂がなぜそのような姿に身を落としたのか、新米弁護士の王泥喜法介がその核心へ迫ることになります。

『逆転裁判4』の”評価”の見方

『逆転裁判1』『2』『3』で成歩堂龍一の成長物語が大団円で完結し、その続編として発売当時『逆転裁判4』は期待値もマシマシの状態。そこへ見る影もなく変貌した元主人公の姿を目の当たりにすれば、その温度差に風邪を引いちゃった人が続出しても不思議ではないでしょう。ぼくも引きました。

あとに『5』『6』と続くことなどその時は知るよしもなく、『逆転裁判』最新作として本当にこれで終わってよいのか?とシリーズファンの気持ちをくめば、評価が下がってしまうのも致し方なし。『逆転裁判456』がセットになったのはそういう意味でも正解だと思います。成歩堂くんは続編でしっかりフォローされるので。

逆にシリーズ初見が『4』だという人には温度差も比べようがないため、評判も良かったりするのがポイントです。

『逆転裁判4』が最新作だったシリーズの行く末も分からぬ発売当時と、その後に2本の続編がリリースされた、そして初めてプレイしたナンバリングがどれかによって、評価も変わってくると思います。

『逆転裁判4』はプレイするタイミング

最近自分も『逆転裁判4』をやりなおしてみたんですが「あれ? それほどイマイチではないかも」と発売当時とは違う感想を持ちました。なぜここにきて再評価するに至ったかは、『逆転裁判123』の印象がほとんど薄れていたからだと思われます。

前作までと比べれば確かに落差はあったものの、ひとつのアドベンチャーゲームとして見たとき、個性の強いキャラクターと作り込まれたシステム、そして抜群に盛り上がる音楽など、同ジャンルの中では他にない要素が多く、及第点は軽く超えるクオリティであることは間違いありません。『4』が初見の人に評価が高いのも、この辺りに理由があると思います。

そこで提案したいのは『逆転裁判4』をプレイするタイミングをはかる食べごろメソッドです。

  • 『逆転裁判123』をプレイしたことのない人で、ナンバリングの順にプレイすることにこだわりがない人
  • 『逆転裁判123』が面白かった記憶はあるけれど、詳しい内容をよく覚えてない人(俺)

以上の人は機は熟しています。『逆転裁判4』の食べごろは今。弁護士バッチを付ける絶好のタイミングです。逆に、

  • 『逆転裁判123』をついさっきクリアしたてほやほやの人

そういう人はまったくジャンルの違うゲームを間に挟んでしばらく寝かせましょう。あからさまに世界観の異なるホラーゲームや、クリアに最低3ヶ月以上かかるボリューミーなRPGなどがおすすめです。

Ad

“巧舟シナリオ”の旨味

もう少し踏み込んで感想を述べるならば、改めて『逆転裁判4』をプレイしてみて分かったのは、シナリオを担当した巧舟氏のたった2行のテキストウィンドウで表現されるセリフの言い回しやリズム、キャラクター同士の軽妙な会話のテンポが俺は大好きだ!ということ。

事件現場を調べる探偵パートで、今回相棒となる みぬきちゃん とのかけ合いが楽しくて、読み漏らしたくないために調べられる画面のオブジェクトはすみずみまで調査しましたね。そして最終話に到達したとき、第1話からの伏線がすべて串刺しのように ズップシ とつながる快感はなかなかのもの。

『逆転裁判5』からは担当が変わりシリーズ『4』でシナリオに関わるのは最後になるのですが、舞台を明治時代に移し成歩堂龍一の先祖が主人公となる『大逆転裁判1&2』で再びシナリオを担当しているので、自分と同じくタクシュー(巧舟)節の妙味に当てられた人は、そちらもプレイしてみることをおすすめします。

逆転裁判456 王泥喜セレクション【Switch】

「スペシャルコンテンツ」もりもりで特にサントラが175曲も入ってるのはアツい!『逆転裁判4』の「尋問」「追求」がお気に入りです。
3DSでリリースされたとき早期購入特典だったり有料だった追加コンテンツも収録済み。

逆転裁判456 王泥喜セレクション【PS4】

PS5でも遊べるハズ(未確認)なので遅延にシビアじゃないアドベンチャーゲームこそ PlayStation Portal リモートプレーヤー の出番だと思うの。

大逆転裁判1&2【Switch】

皆がよく知る世界的に有名な探偵や、歴史上実在する人物も登場するらしいですよ!?

大逆転裁判1&2【PS4】

巧舟氏による円熟味をましたシナリオワークが存分に堪能できる傑作。あまりに詰め込みすぎて2回入院したとか。

Ads

お便りを送る

いただいたお便りは事前の了承なく今後の投稿に活用させていただく場合がございます。また、個人に関わる情報やメールアドレスが公開されることはありません。※ が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA によって保護されており、Google の プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最近の投稿

Ads